FC2ブログ

2018-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンガリーの蚤の市 1

Annaさんと常設の蚤の市へ。

2週間券を買う為セーカーマンテールへ。
長い間親しまれてきた「モスクワテール」という名前から、4ヶ月前に突然「セーカーマンテール」という名前に変わったんだそうです。

2週間券は写真付きの証明がいるんだそうで。

おじさん印のインスタントのブースは1000フォリント(約400円)

こんなんできました。
10年有効みたいです。


証明と、2週間券で2800円くらい。


改札とか特にないんですが、メトロとか、突然現れる検察のおじさんに提示しないと16000フォリント(5600円)の罰金を払わないといけないんです。
覆面の人もいるんでこれ忘れると痛いです。

鉄がこれでもかと贅沢に使われている重厚な車両。


来月からは新しい車両になるんだそうです。


ブダペスト名物長くて、早いエレベーター。


常に強風注意報。


バスに乗り換えます。










乗り換えのバス停でAnnaさんが買ってくれたお菓子。


中はヨーグルト?
なんか懐かしい味ですよ。


ピー姉はパンを物色。


常設の蚤の市。
東欧最大ということですが、Annaさんの若い時は倍くらいの大きさだったんだそうですよ。


蚤の市のハイライトである週末が、すべて雨予想なんで買い物の配分に苦慮するところ。
高くても気に入った物は買うつもり。







オールドジョルナイのストーブに使う何か。


おじさん一押しレザーのベルト。


このおじさんからは、ドレスのパターンのデザイン画を購入しましたよ。
ちょっと高かったけど、カラフルで、お裁縫最盛期の、キラキラ輝いている時代の素敵な一品。


重厚なストーブ


テディベアおじさんとこ


この子達以外にも扉を開けたらわんさと。


「この子には中にこれが入ってるんだよ~」と、鳴く子の説明。


結局ドイツ製のこの鳴く子をこのおじさんから譲ってもらいました。
100年前のシュタイフのおさるさんと一緒にもらわれてきた子だったので、一緒にもらって行きたかったんですが、
「おさるさんに手を出し始めたら危ない。。」
エンドレスにお人形を集めてしまいそうなので、ぐっとこらえましたよ。

前にも譲ってもらったおばさんからは、刺繍をたんまり譲ってもらいました。



楽しみにしていたランゴーシュのお店もお終い。


平日は開いているお店も少ないですが、ゆっくり見れていいですね。



● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

ブダペスト街歩き★お気にの定食やさんを見つける。 «  | BLOG TOP |  » トカイワインとリバマイ

プロフィール

ピーパチアンティーク

Author:ピーパチアンティーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ピーパチアンティークからのお知らせ (2)
ベルギーの蚤の市 (17)
ハンガリーの蚤の市 (45)
オランダの蚤の市 (6)
チェコの蚤の市 (8)
ドイツの蚤の市 (14)
オーストリアの蚤の市 (9)
タイ (3)

最新為替レート表

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。